ゴルフクラブの握り方が迷う!人気の3種のグリップ!どれを選ぶ?

初心者練習メニュー

 

どうもオイモです!

ゴルフは悩み事だらけで楽しすぎると思いません?笑

 

 

今日は初心者だけでなく一般的なアマチュアゴルファーも悩む

「ゴルフグリップの握り方」

 

結構コロコロ変える人も多いみたい、その握り方で代表的なものといえば

 

・インターロッキング

・オーバーラッピング

・テンフィンガー(これは最近話題になったイメージがある)

 

 

結局どれがいいのかな?

 

ってことで、それぞれの特性について調べてきました!あとは僕が感じる事も書いてみるのでよろしくです。

 

ちなみに僕はインターロッキング派です。

なぜならマキロイ がそうだから!

はじまりはじまり!

ゴルフグリップはどの握り方がいいの??

 

結論:「自分の握りやすいもの」(そう!スコアが良くなる握り方ですよ〜)

 

いや、、だってやっぱコレかなって?

 

特性はね、あとで言いますけど結局は

「いかに思い通りのスイングができるか?」

これに尽きると思うのです。

 

人から「コレがいい!」「アレがいい!」っていくら言われても

「自分が納得できなきゃ!」

 

例えば僕のパターンですと「インターロッキング」なんですが、割とグリップは動かしたくないと考えていて

3種類とも打ちっ放しで練習して、その中で

自分にピッタリだと思った握り方がインターロッキングだっただけの話です。

 

ですので特性を知り、試してみて自分に合う握り方を探して下さい。

いろいろ試すのも楽しいですよ!

 

ではそれぞれ見てみたいと思います!

 

インターロッキング

分かりやすく説明しますと

「左手人差し指」を「右手薬指と小指のすき間」に挟み込んで握るグリップです。

 

グリップとの一体感が強く、手がバラつきにくいというメリットがあります。

クラブと腕の一体感も出やすい為、肩の可動範囲が若干狭まってしまうのがデメリットでしょうか。

 

飛距離よりも正確性重視のグリップだと思います。

 

メリット:

・クラブと手の一体感を感じやすい

・方向性が良くなる

 

オーバーラッピング

 

こちらはクラブを握った際に「右手人差し指」が「左手人差し指を覆う」といった感じのグリップですね。

 

アマチュアゴルファーには1番多いグリップです。

 

 

分かりやすくて簡単に慣れるので、そのままオーバーラッピングという方が多いみたいですね。

比較的「手」が自由に動く印象がありますね。

 

ということは肩の可動範囲もインターロッキングより広く使えるというメリットがあります。

 

僕は手が「ガチッ」と収まらない感じがして苦手です。

でも力まずに振れるのはこっちかな?と思います

 

メリット:

・覚えやすくて馴染みやすい

・余計な力が入らない

 

テンフィンガー

別名で「ベースボールグリップ」とも呼ばれていますね。

 

文字通り10本の指で握るグリップです。

このグリップが一気に有名になったのが「勝みなみ選手」のおかげだと思います。

 

彼女がアマチュアでプロの試合に勝った際に、テンフィンガーでプレーしていたことが話題になっていましたからね。

 

僕もこのグリップを試したのですが「手首が返りやすい」印象を受けました

そして3種の中で最も力が入りやすいグリップです。

 

ってことは

「飛距離が出やすい」ってことです。

 

ですので女性ゴルファーやシニア、そしてジュニアゴルファーといった「力の弱い方」が向いているのかなと思います。

ただ最近は男子のアマチュアやさらちプロでもテンフィンガーを使う方も増えているみたいですよ

 

メリット:

力が弱くても飛距離が期待できる。

クラブをコントロールしやすい

 

まとめ

ゴルフクラブの握り方を3種類ご紹介しましたがいかがでしたか?

最初は悩むんです。いろいろ試してみるのが一番良いと思いますよ。

 

いつの間にか自然とどれかで握るようになってますから、無意識のうちに。

 

どの握り方でもゴルフはゴルフ!楽しむだけです!!

 

ゴルフは自力でも100を切れちゃうので諦めずに頑張っていきましょう!

今日はそんな感じでおしまい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました