クリスコモ(タイガーウッズ元コーチ)の経歴やスイング理論とは?

PGAツアーの一流たち

 

「ゴルフスイングコンサルタント」と自らを称し

タイガーウッズの5年ぶりの優勝の立役者とも言える元コーチ

 

クリス・コモ

 

2014年から2017年までタイガーのスイングコーチを務めていた

若き天才コーチについて紹介したいと思います

 

クリス・コモとタイガーウッズの出会い

タイガーとクリス・コモが出会ったのは

 

クリス・コモさんの親友であり

ウッズのスタンフォード大学ゴルフ部のチームメイトで米ツアー選手だった

 

「ノタ・ビゲイ」という方の紹介

 

クリス・コモのプロフィール

【名前】クリス・コモ

【年齢】1976年か1977年?2018年10月現在で41歳

【出身】アメリカ カリフォルニア州

【在住】テキサス州

【学歴】テキサス女子大 生体力学修士課程修了

 

2018年はタイガーのコーチからは撤退しましたが「これからも親友であり必要な時はアドバイスする」という良好な関係は変わっていません!

 

タイガー自身がこれからは「1人でやっていくことを決めた」結果です

 

「クリス・コモの経歴やスイング論」

 

20歳になる前からコーチに転身(すでにコーチ歴は20年)

 

コーチを始めるにあたり最初はデビッド・レッドベター理論を勉強した

 

さらにバイオメカニクス(生体力学)も研究していたクリス・コモは、その道の第一人者

 

 

「ヤン・フー・クォン教授」のもと

筋力の依存度を抑えて効率よく力を生み出すスウィングづくりを学びました。

 

クリス・コモが最初にゴルフを指導したのは友人で

「人工芝のマット」を使いレッスン料はもらわなかった。

 

場所はカリフォルニア南部にある距離の短いパブリックコース。私自身が、彼に指導してもらった友人の1人だった。そこから若き天才指導者の経歴が始まるんです!

 

 

「クリス・コモさんの指導法」

 

噂によるとかなりユニークであると定評があります。

 

ゴルフなのに「ボクシングのパンチ動作」をさせたり

「プールの飛び込み台から飛び降りながらスイングをする」練習がある

 

さらに不安定な柔らかい円盤の上に立ってバランスを安定するトレーニングなども行っているようです

 

たぶんバランスディスクのことかなと思いますが、、実際に試してみるとすっごい難しいですよ!!

 

 

立つのすらままならない!

 

でも「体幹」が鍛えられていくのがすごく分かるトレーニングですし下半身が鍛えられるのがまちゃくちゃ分かります!

 

 

ゴルフスイングにも相当効果があるのは体験して分かりました!

 

 

 

 

 

松山英樹プロが感じたタイガーウッズのスイングの変化

 

タイガーウッズを「神様」と尊敬する松山英樹選手も最近のタイガーウッズのスイングをみて感じていたことがあったみたいです!

 

第一声は「いや、これ、相当変わったね…」だった。
「正面から見るとすごく変わったと思う」。松山が変化を感じたのは、大きな体重移動とダウンスイングの軌道。「“切りに行く”動作(カット軌道)がなくなった。ドローを打とうとしているのかもしれないけれど…。(ダウンスイングでクラブが)だいぶインサイドから来ている」

 

タイガーウッズのスイングを見たことある方なら「確かに!」と思う部分がありません??

 

タイガーのスイングは「ターフ」をごっそり持っていくイメージが強かったんですが最近のスイングは”打ち込まない優しいスイング”というイメージがありません??

 

体に負担のかからないスイングができている証拠なのかなと思ったりします!

ちなみに現在のタイガーのヘッドスピードは「57.7m/s」まで上がっています

 

なのに以前よりも無理を感じないスイング、、、クリス・コモのすごさが分かりますね!

 

クリス・コモのすごいところ!

クリス・コモは話をする時

身振り手振りを添えて相手に伝わりやすいように話してくれるといいます

 

さらに人の話を聞く時は

興味津々で、関心を示し、さまざまな情報を自分に取り入れるようにしています。

そして!これまで正しいと思っていたことを破棄する寛容さも持っているというからすごい!

 

ハンク・ヘイニーやショーン・フォーリーが理想となるスウィングの形に近づけていくタイプのコーチに対し

 

クリス・コモは「タイガーの体型に合わせた最も効率の良いスイング」を作り上げてきました

現在は、クラブをリリースすることで地面反力の力を最大限生かす打ち方となっています。

 

タイガーウッズの歴代コーチ

 

・初代「ルディ・デュラン」

・2代目「ジョン・アンセルモ」

・3代目「ブッチ・ハーモン」

・4代目「ハンク・ヘイニー」

・5代目「ショーン・フォーリー」

・6代目「クリス・コモ」

 

ウッズは、父親アールさんの影響でコーチは絶対必要と考える姿勢を、幼少時代から抱いてきたのですが6代目「クリス・コモ」との契約が終わり、今後はコーチは付けず自分でやっていくことを決めました

 

クリス・コモと一緒に自分の理想のスイングに近づくことが出来たのかなと思いますよね

5年ぶりに優勝もしたし!

 

クリス・コモの現在は?

クリス・コモの現在ですが、タイガーウッズのコーチのあと次なる選手のコーチに就任しています

 

「ジェイミー・ラブマーク」

 

身長193センチ、飛距離が武器の選手です

2016年、17年ともに平均飛距離は304ヤードを記録し2018年シーズンは未勝利に終わりましたがトップ10が3回と期待値は高い選手です

 

なんといってもクリス・コモが惚れこんでコーチングしているという話ですから嫌でも期待しちゃいます!!

 

クリス・コモの教え子たちがメジャーで優勝争いするようになる日も近いかもですね!

 

 

さてこちらはおススメの記事なんですが「内助の功」となったタイガーウッズの彼女についてご紹介しています!

コーチと彼女すべてが巡り巡ってタイガーの復活となったようです!

タイガーウッズの彼女エリカ・ハーマンとは?交際からの変化は?
タイガーウッズが幸せそうで何よりですね!新しい彼女はタイガーにとってかけがえのない人です!

 

それでは最後までありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました